鷹山遺跡群・星糞峠黒耀石鉱山(国指定史跡)

磨製石斧(ませいせきふ)づくり

天然の石で磨製石斧(ませいせきふ)づくり

縄文時代の人は、蛇紋岩や閃緑岩などの緑や白の美しい石をすり磨いて、木を切る丈夫な石斧をつくっていました。一つの石斧を完成させるためには、とても時間がかかります。縄文人は、この磨製石斧をとても大切に保管し、破損後も補修しながら使っていた様子が分かっています。

旧石器時代には、石を打ち割ってつくる打製石器が使われ、続く新石器時代になると石を擦り磨いてつくる磨製石器が使われるようになると勉強した人も多いのではないでしょうか。正確には、打製石器は旧石器時代以降も各地で使われています。
新石器時代に相当する日本列島の縄文時代でも、石を打ち割って弓矢の先に付ける石鏃(せきぞく)や穴をあけるドリルなど、打製石器の道具が大量につくられています。

一方、磨製石器の代表例としては、丈夫な石を擦り磨いて刃先や全体の形を作り出す磨製の石斧がありますが、日本列島では旧石器時代にその技術が登場しています。旧石器時代と新石器時代の石器づくりの技術の違いは、地域によっても差がありますが、むしろ、すり磨いてつくる磨製石器の種類や量の違いと考えて良いでしょう。
石器として登場する道具の種類や材質、そして、その形は旧石器時代の人が考え出した生活の知恵ですが、特に、磨製石斧の刃先の形は、鋭いだけではなく、切断しようとする木などに斧が食い込んで離れなくならないよう、断面が膨らんだ形につくり出されています。
ここでは、そのつくり方と道具の形を理解するために、寿山石という柔らかな石で、ミニチュアの石斧をつくります。

縄文時代には、最初に斧の基本的な形をつくるために、材料となる石をコツコツと敲いて整えますが、ミュージアムでの体験は、板状にカットしてある寿山石を水にぬらし、目の粗い砥石で両面を削って鋭い石斧の刃や全体の形をつくり出します。そして、砥石を2種類の目の細かな耐水ペーパーに替えて、なめらかで光沢のある石斧へと仕上げていきます。石斧の部分ができたら、木の柄に装着して完成です。

PAGETOP
Copyright © 黒耀石体験ミュージアム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.